ペーパークラフト・素材の無料ダウンロードサイト ペーパーミュージアム

新着素材やお得な情報を配信中 お申し込みはこちら

ホーム用途別テンプレート > テンプレートの使い方

テンプレートの使い方

みなさまからのQ&A

Q1.テンプレートのテキストボックスに画像を入れたけど変な位置に配置されるよ?
Q2.テンプレートの丸い枠に写真やイラストを入れたいけど、どうしたらいいの?
Q3.印刷したら下のほうが切れてしまうけど…?
Q4.印刷が全体的に縮小されたり、全体的にずれたりするけど…?
Q5.キーボードの矢印キーで移動させるとき、細かい移動ができないため、微調整できない。またマウスでテキストボックスの中の文字位置をうまく移動できない。
Q6.耐水ラミネートシールで反転印刷をするには?
Q7.アイロン転写紙で反転印刷をするには?


Q1. テンプレートのテキストボックスに画像を入れたけど変な位置に配置されるよ?
A. テキストボックスの行間を変えてみてください。
あらかじめ各テンプレートには[テキストボックス]を作成していますが画像を挿入した場合思うように配置されない場合があります。 そのときは以下の方法を試してみてください。
  • 1. [テキストボックス]の外枠をクリックし、テキストボックスを選択します。メニューバーの[書式]から[段落]をクリックし、[段落]ダイアログボックスを表示します。
  • 2. [インデントと行間隔]タブをクリックし、[間隔]のところで、[1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる]のチェックを外し、[行間]を「1行」に設定してください。これで画像がテキストボックス内にすべておさまります。
  • ※ 枠のみテンプレートには[テキストボックス]が、作成されていないものもあります。その場合、新しく[テキストボックス]を作成してください。(詳しくはこちらをご覧下さい。) また、文字の入力位置が分かりやすいようにダミーの文字を入れてありますので、ダミーの文字のあるテンプレートでは、ダミーの文字を削除してから印刷したい文字または画像を入力してください。

このページの一番上へ

Q2. テンプレートの丸い枠に写真やイラストを入れたいけど、どうしたらいいの?
A. 写真やイラストを入れたテキストボックスの階層をかえてみましょう。
書類は以下の図のようになっています。層になっているので切り抜かれたテンプレートの後ろに写真やイラストを置けばその形に切り抜かれたように見えます。

  • 1. まず写真やイラストを挿入したテキストボックスを選択してください。
    画像を挿入する方法はこちらをご覧ください。
  • 2. 丸い枠に入るように画像サイズ・位置を調整します。
  • 3. 写真やイラストを挿入したテキストボックスの外枠をクリックし選択状態にします。メニューバーの[書式]から[テキストボックス]を選びます。[テキストボックスの書式設定]ダイアログが表示されます。
  • 4. [レイアウト]タブをクリックして、[背面]を選んでください。これで丸い形の中に画像がおさまります。(丸い形におさまらない場合は次の「5」をお読みください。)
  • 5. すでに[背面]が設定されている場合
    写真を挿入したテキストボックスの外枠をクリックし選択状態にします。 [図形描画]ツールバーの[図形の調整]−[順序]−[最背面へ移動]を選択します。(場合によっては、[背面へ移動]または[テキストの背面へ移動]を選択します。) これで丸い形の中に画像がおさまります。(この場合、テンプレート上で背面に配置されているオブジェクトの中でも最背面に移動させることができます。)


    ※テキストボックスのふちを右クリック→[順序]→[最背面へ移動]でも同じことができます。

このページの一番上へ

Q3. 印刷したら下のほうが切れてしまうけど…?
A. 印刷設定を変えてみましょう。
テンプレートを印刷するときにプリンタによっては印刷可能領域からはみ出してしまう場合があります。 プリンタの説明書をよくお読みになって印刷可能領域を広げるなどの設定をして印刷してください。 すべてのメーカー、機種には対応しかねますのでご質問の多いものを以下に掲載しています。 (必ず製品に同封の「テスト用紙」で調整してくださいね。)
  • 1. (例)EPSON PM-950Cの場合
    メニューバーの[ファイル]−[印刷]を選択します。図1のような「印刷ウインドウ」が開きます。プリンタをPM-950Cが選択されていることを確認して右上の[プロパティ]ボタンをクリックしてください。

    下図:プロパティウインドウが表示されます。
  • 2. [用紙設定タブ]をクリックし[印刷可能領域]のところを[最大]にします。この設定で印刷できる範囲が広がります。

このページの一番上へ

Q4. 印刷が全体的に縮小されたり、全体的にずれたりするけど…?
A. 印刷設定を見直してみましょう。
  •   プリンタの印刷プロパティの用紙サイズの設定は正しいですか?また、フチなし印刷や、拡大縮小印刷にはなっていませんか?もう一度、印刷プロパティをひととおり見直してみましょう。
    ※フチなし印刷は、オブジェクトを全体的に引き伸ばして印刷します。また、フチなし印刷や拡大縮小印刷は、印刷プレビューでは確認できないプリンタもあります。

このページの一番上へ

Q5. キーボードの矢印キーで移動させるとき、細かい移動ができないため、微調整できない。
A. Wordソフトの設定で、グリッド線を基準に位置合わせをする設定があります。その設定を変えます。
[表示]メニュー→[ツールバー]→[図形描画]を選択し、[図形描画]ツールバーを表示して、[図形描画]ツールバーの[図形の調整]→[グリッド]→[位置合わせ]の「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」のチェックを外します。 こうすることで、グリッド線幅に沿って移動する設定が解除されます。これで、キーボードの矢印を使って、テキストボックス内の文字が細かく、思い通りの位置に移動できるようになります。
このチェックを外さなくても、[グリッド線の設定]で「文字グリッド線の間隔」と「行グリッド線の間隔」をそれぞれ「0.1字」「0.1行」以下に設定すると、細かい移動ができますが、特にグリッド線を使用していないのであれば、チェックを外す方が妥当でしょう。

このページの一番上へ

Q6. 耐水ラミネートシールで反転印刷をするには?
A. 印刷する前に用紙の設定をします。
テンプレートを印刷するときにプリンタドライバ上で用紙設定を変更します。用紙設定の変更で印刷内容を自動的に反転させることができるので、Wordで反転データを作成する必要はありません。
  • 1. (例)EPSONプリンタの場合
  • (1) プリンタのプロパティにて印刷設定ボタンをクリックしてください。
  • (2) 用紙設定(T)を「EPSONフォトシール」に設定、モード設定を「詳細設定」にして設定変更ボタンをクリックしてください。
  • (3) 左右の反転にチェックを入れてください。この設定を保存するには保存/削除をクリックしてください。OKをクリックすれば反転印刷の設定完了です。
  • (4) 用紙サイズ(Z)を「ハガキ」に変更します。
  • 2. (例)CANONプリンタの場合
  • (1) プリンタのプロパティをクリックしてください。
  • (2) 基本設定タブにて「用紙の種類(I)」を「Tシャツ転写紙」にしてください。この「Tシャツ転写紙」設定のとき、プリンタドライバが自動的にデータを反転させてくれます。
  • 3) 用紙サイズ(Z)を「はがき」に変更します。
  • ※対応ソフト・テンプレートであっても、そのときのプリンタの使用状況、環境などによって印刷にずれが生じることがありますので本番の用紙を無駄にされないためにも、必ず添付のテストプリント紙でテスト印刷を行ってください。用紙設定は本番の用紙と同じ設定を選んで、テストしてみてください。

このページの一番上へ

Q7. アイロン転写紙で反転印刷をするには?
A. 印刷する前に用紙の設定をします。
テンプレートを印刷するときにプリンタドライバ上で用紙設定を変更します。用紙設定の変更で印刷内容を自動的に反転させることができるので、Wordで反転データを作成する必要はありません。
  • 1. (例)EPSONプリンタの場合
  • (1) プリンタのプロパティにて印刷設定ボタンをクリックしてください。
  • (2) 用紙設定(T)を「アイロンプリントペーパー」に設定してOKボタンをクリックしてください。この「アイロンプリントペーパー」設定のとき、プリンタドライバが自動的にデータを反転させてくれます。
  • (3) 用紙サイズ(Z)の変更が必要であれば用紙設定タブより使用する用紙のサイズに変更します。
  • 2. (例)CANONプリンタの場合
  • (1) プリンタのプロパティをクリックしてください。
  • (2) 基本設定タブにて「用紙の種類(I)」を「Tシャツ転写紙」にしてください。この「Tシャツ転写紙」設定のとき、プリンタドライバが自動的にデータを反転させてくれます。
  • (3) 用紙サイズ(Z)の変更が必要であれば用紙設定タブより使用する用紙のサイズに変更します。
  • ※対応ソフト・テンプレートであっても、そのときのプリンタの使用状況、環境などによって印刷にずれが生じることがありますので本番の用紙を無駄にされないためにも、必ず添付のテストプリント紙でテスト印刷を行ってください。用紙設定は本番の用紙と同じ設定を選んで、テストしてみてください。

このページの一番上へ

目次へもどる   使い方手順へ→

プリントミュージアム